セリエAでもELでも言い訳できない結果しか残せず…。

 現地時間11月1日、インテルがフランク・デブール監督の解任を発表した。

 

 プレシーズン中にもかかわらず突如の契約解除に至ったロベルト・マンチーニの後任として、開幕2週間前の8月9日に招聘されたデブール監督だが、チームを軌道に乗せられず大苦戦。セリエAは4勝2分け5敗(11節終了時点で14位)、ヨーロッパリーグは1勝2敗と言い訳できない結果に終わり、0-1で敗れた10月30日のサンプドリア戦がラストゲームとなった。

 

 なお、11月3日のサウサンプトン戦(ヨーロッパリーグ4節)は、プリマベーラ(U-19)監督のステーファノ・ヴェッキが代行指揮を執るとクラブは発表している。

 

 気になる後任だが、ステーファノ・ピオリ(前ラツィオ監督)、レオナルド(現在はTV局『スカイ・イタリア』のオピニオニスト)、アンドレ・ヴィラス=ボアス(前ゼニト監督)、ロラン・ブラン(前パリSG監督)、ファビオ・カペッロ(元ロシア代表監督)などが候補。現地メディアによると、現時点のポールポジションはピオリのようだが、はたして?


引用元  http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161101-00020210-sdigestw-socc