サッカー総合

スポーツ芸能

2ちゃんねる総合

動画・エロネタ

    カテゴリ: 移籍・退団・噂・放出・残留

    no11
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 08:17:57.15 ID:CAP_USER9
    ドイツ2部ボーフムが、横浜の日本代表MF斎藤学(26)の獲得に動いていることが24日、分かった。
    今季の斎藤は自身初の2桁得点を記録、ベストイレブンにも選出された。

    現在11位のボーフムは今冬の移籍市場で即戦力FWの補強が急務。今季、さらなる進化を見せるハマのメッシに白羽の矢を立てた。

    ボーフムは1848年創立の歴史あるクラブだが、1部と2部の昇降格を繰り返し、10~11年シーズン以降は2部が続く。
    08~10年には小野伸二(現札幌)、11~12年には乾(現エイバル)ら日本人選手も所属した。現在はオランダ人のフェルべーク氏(56)が監督を務めている。

    斎藤は天皇杯G大阪戦でも後半18分、自ら獲得したPKで先制点を決めるなど活躍。「マリノスでは初のPK。緊張はなかった」と笑顔を見せた。
    約1カ月半ぶりの実戦となったが、その間もシュート練習に力を注いできた。若手選手に気の緩みが見えた時は厳しい言動で鼓舞するなど、チームリーダーぶりも発揮していた。

    今季限りで横浜との契約が満了する斎藤には、ボーフムの他にも国内外で複数クラブがリストアップしているという。

    スポニチアネックス 12/25(日) 8:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00000078-spnannex-socc

    プロフィール
    http://www.f-marinos.com/club/player/top/2016/11

    VFLボーフム
    http://www.vfl-bochum.de/

    ブンデスリーガ公式 2部順位表
    http://www.bundesliga.com/jp/stats/table/

    【<ドイツ2部ボーフム>横浜の日本代表MF斎藤学の獲得へ動く!即戦力FW補強 ハマのメッシに白羽の矢】の続きを読む

    20161220-00000228-sph-000-view
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/21(水) 08:27:37.88 ID:CAP_USER9
    J1ベガルタ仙台が、浦和から元日本代表候補FW石原直樹(32)を獲得することが20日、分かった。関係者によると、期限付き移籍で、近く正式発表される。

    石原は相手DFラインの裏を突く鋭い飛び出しや豊富な運動量、得点感覚に優れるストライカーで、身長173センチと上背はないものの、身体能力は高い。
    浦和では1トップの後ろの“シャドー”というポジションを務め、時には最前線でプレーすることもある。

    当時J2だった湘南に在籍していた08年に41試合に出場し、リーグ3位の18得点と大ブレイク。
    翌年にJ1大宮へ移籍すると、コンスタントに結果を出し続け、12年に広島入り。
    同年からのリーグ連覇に大きく貢献した。個人としても13、14年に2年連続で2ケタ得点をマークし、14年は日本代表候補にも選出された。

    しかし昨季移籍した浦和で不運が待っていた。昨年4月に右膝前十字靱帯(じんたい)損傷の大けがを負い、全治6か月と診断された。
    その影響もあり、この2年間はリーグ戦10試合(無得点)のみの出場にとどまっている。MF金久保とは10、11年に大宮でチームメートだった。

    仙台のFW陣は、ウイルソンが甲府へ移籍。ハモン・ロペスが柏、金園は札幌入りが決定的となっており、全体的に駒不足だ。
    現状残るは20歳のFW西村のみで、新戦力としてはF東京から元日本代表FW平山を獲得することが確実となっている。

    今季はMF登録の野沢や奥埜もFWで起用されたが、本職の石原の加入はベガルタの前線に厚みをもたらしそう。
    心機一転、仙台の地で、石原が広島時代の輝きを取り戻せるか注目だ。

    ◆石原 直樹(いしはら・なおき)1984年8月14日、群馬県高崎市生まれ。32歳。小学校時代に高崎西FCでサッカーを始め、片岡中、高崎経大付高を経て、03年に湘南入り。
    08年に18得点を挙げ、翌年に大宮に移籍。12年に広島に完全移籍し、13、14年と2年連続2ケタ得点。14年には日本代表候補にも選ばれ、15年に浦和へ移籍した。
    J1通算194試合47得点、J2通算143試合41得点。173センチ、62キロ。

    スポーツ報知 12/21(水) 5:02配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000228-sph-socc


    ◆FC東京・平山 仙台へ完全移籍 新天地でもう一度勝負を

    FC東京の元日本代表のFW平山相太(31)が仙台に完全移籍することが20日、決まった。

    平山は今季限りで契約が切れるFC東京から延長オファーを受けていたが、新天地へ完全移籍してもう一度勝負したいという意思を固めたという。

    FC東京にはオランダのヘラクレスから06年に入団。それ以降はFC東京一筋で平山にとっては初の国内移籍となる。仙台は、FW金園が札幌に流出することで1メートル90と高さもある平山に白羽の矢を立てた。

    スポニチアネックス 12/21(水) 5:35配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161221-00000005-spnannex-socc


    【<ベガルタ仙台>浦和からFW石原直樹を獲得!FC東京・FW平山相太も完全移籍】の続きを読む

    20161220-00000056-spnannex-000-0-view
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/20(火) 05:40:42.27 ID:CAP_USER9
    鹿島がクラブW杯決勝のレアル・マドリードとの激闘から一夜明けた19日、MF柴崎岳(24)の欧州移籍を容認する方針を示した。延長戦の末に2―4で惜敗したRマドリード戦での2得点の活躍を受け、世界的評価も急上昇。今冬の移籍市場で欧州クラブからオファーが届く可能性が高まり、海外志向の強い背番号10の意思を尊重する構えだ。

     世界を驚かせたクラブW杯決勝から一夜明け「SHIBASAKI」の名前が世界を駆け巡った。英紙サンは柴崎をRマドリードのライバルであるバルセロナの司令塔になぞらえ「ジャパニーズ・イニエスタ」と紹介。「GKナバスを打ち破り有名人になった。プレミアリーグのトップ4(チェルシー、リバプール、マンチェスターU、アーセナル)でプレー機会を得るのは難しいが、それより少し下か中堅クラブではやれる」と高く評価。またスペイン紙マルカは「鹿島の宝石」との見出しを立て「世界中の技術部長たちの目に留まったはずだ」と報じた。

     柴崎はRマドリード戦の前半44分、後半7分にともに左足でゴールを記録。欧州王者を追い詰める善戦を演出した。世界130カ国以上で放映された大舞台での活躍。ツイッターのトレンドワードランキングで「kashima」が一時、世界1位に浮上するなど注目を集めた一戦で、柴崎株も急上昇した。決勝を視察した元オランダ代表FWで現在、FIFAの技術部門責任者のファンバステン氏も、柴崎らの名前を挙げて高く評価したという。

     鹿島幹部は「岳(柴崎)にとって大きな試合。オファーが来るんじゃないかな。篤人(内田)もサコ(大迫)もそうだけど、クラブとしては割り切るしかない」と語った。過去にも内田(シャルケ)や大迫(ケルン)ら海外志向の強い選手を送り出しており、今回も柴崎の意思を尊重して移籍容認の方針。穴を埋める存在として新潟のレオ・シルバ獲得も決定的となっている。

     スペイン紙マルカによると、柴崎にはスペイン2部バジェカノ、ヘタフェなどが獲得に興味を示しているが、今後、欧州主要リーグのクラブからオファーが届く可能性は高い。02年W杯日韓大会ではベルギー戦で同点弾を決めた鈴木隆行(当時鹿島)の元にベルギー1部ゲンクからオファーが舞い込み移籍が実現した例もある。自ら欧州移籍のチャンスを引き寄せた柴崎の動向から目が離せない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000056-spnannex-socc

    【鹿島、柴崎の欧州移籍を容認する方針!穴を埋める存在として新潟のレオ・シルバ獲得決定的】の続きを読む

    20161217-00000286-sph-000-4-view
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/18(日) 06:19:57.02 ID:CAP_USER9
    来季J2に降格する名古屋が、C大阪と契約満了になった元日本代表FW玉田圭司(36)を獲得することが17日、分かった。

     磐田と熊本からもオファーを受けていたが、経験と技術を高く評価した古巣の名古屋に復帰する意思を固めたもようだ。玉田は06年ドイツ、10年南アフリカとW杯2大会出場し柏、名古屋を経て15年にC大阪入り。昨季は主力として活躍するも今季は出場機会が減り、J1復帰を決めた昇格プレーオフでもベンチ外だった。

    スポーツ報知 12/18(日) 6:06配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00000286-sph-socc

    【《移籍ニュース》【名古屋】元日本代表FW玉田圭司(セレッソ大阪)を獲得へ】の続きを読む

    1
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/17(土) 06:55:22.62 ID:CAP_USER9
    J1鳥栖が、フランス1部メスの日本代表GK川島永嗣(33)の獲得に動いていることが16日までに分かった。
    複数の関係者によれば、FC東京への移籍が決定的な林彰洋(29)の後釜として白羽の矢を立てた。
    実現すれば、川島は10年6月以来約6年半ぶりのJリーグ復帰となり、プレー機会が増えればハリルジャパンでの活動にもプラスとなる。

     川島が約6年半ぶりにJのピッチに立つ可能性が急浮上した。
    林の移籍によりGKの補強が急務となっていた鳥栖は、イタリア出身のフィッカデンティ監督のパイプを使って守護神候補を模索。
    イタリア人GKも視野に入れていた中で、関係者は「フランスで出番に恵まれない川島の名前が挙がっている」と明かした。すでに獲得へ向け動きだしたという。

    昨季限りでダンディーUを退団した川島は、今季も引き続き欧州でのプレーを熱望し、新天地にメスを選択した。
    ただ、入団時にクラブの公式サイトで「第3GKを務める」と発表されるなど立場は厳しく、現在も出場機会に恵まれない日々が続いている。

    それでも、日本代表のハリルホジッチ監督から技術はもちろん、統率力なども評価されて招集されているように、
    いまだに日本人トップレベルの守護神として位置づけられている。

    一方の鳥栖は今季、前年にFC東京を過去最高成績へと導いたイタリア人指揮官のフィッカデンティ監督を招へい。
    第1ステージこそ15位と低迷したが、組織的な守備が浸透した第2ステージは最終的には8位も一時3位に浮上するなど手腕を発揮した。

    勝負の2年目に向け、成立には至らなかったものの川崎FのFW小林獲得に動いたように各ポジションで補強を画策。
    MFではこの日、名古屋で10番を背負った小川を獲得。GKのポジションには川島がリストアップされた。

    実現すれば、人気、実力を兼ね備える選手とあって他チームにもファンにもインパクトは十分。
    何より鳥栖にとって大きな戦力アップとなる。語学能力の高い川島はイタリア語も習得済みで、指揮官とは直接コミュニケーションが図れる。

    鳥栖で出場機会が増えれば、来年に残り5試合となったW杯最終予選を控えるハリルジャパンにとっても追い風となりそうだ。

    スポニチアネックス / 2016年12月17日 6時48分
    http://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20161217_0077/

    【鳥栖がメスのGK川島獲り!6年半ぶりJ1復帰急浮上で代表にも追い風】の続きを読む

    c3cab_60_8543259f59ba55b07a48e8d1252d9557
    1: 名無しさん@恐縮です 2016/12/15(木) 20:20:03.21 ID:CAP_USER9
    今季限りでC大阪を退団する元日本代表FWの玉田圭司(36)、田代有三(34)が15日、大阪市内でファン、サポーター有志約50人による“送別会”に出席。写真撮影などで名残を惜しんだ。共に15年入団の2人(田代は途中入団)。「まだ選手を続ける」と玉田が言えば、田代も「来年もどこかでサッカーをやっていると思う」と現役続行を明言した。

     関係者によると、玉田にはJ2熊本など複数クラブが興味を示しており、田代は海外挑戦の意向を示している。

     また、同じく今季限りで退団するGK北野、DF中沢は都合により欠席した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000199-sph-socc

    【C大阪 退団する玉田と田代が現役続行を明言】の続きを読む

    Lukas_Podolski_2
    1: 名無しさん@恐縮です 2016/12/13(火) 04:10:15.65 ID:CAP_USER9
     J1神戸が、14年ブラジルW杯を制した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(31)=トルコ1部ガラタサライ=の獲得に乗り出したことが12日、複数の関係者の話で分かった。代理人を通じ調査中で、順調なら年内にも交渉の席に着く。

     ポドルスキは強烈な左足シュートを武器にW杯3大会連続出場。14年は大会中の負傷もあり2試合無得点だが、今年8月の代表引退まで背番号10をつけ、代表通算歴代3位の129試合出場、同4位の48得点を誇る。

    ガラタサライでの年俸は300万ユーロ(約3億6600万円)で契約は18年夏まで。移籍金も同額程度(いずれも金額は推定)とみられるが、神戸が熱意とJ屈指の資金力で招へいする。

     神戸は今季、J1第2ステージ2位、年間7位とクラブ過去最高の成績を記録。三木谷浩史オーナー(51)はホーム最終戦の名古屋戦(10月29日・ノエスタ)の後「来季は優勝します」と公言し、大物獲得へ着手した。

    神戸をグループ傘下に置く楽天は、スペイン1部バルセロナと17年7月から4年間、年間5500万ユーロ(約68億円)でスポンサー契約を結んだばかり。来夏、ポドルスキ擁する神戸が、スター軍団バルサを迎える夢の親善試合が実現するかもしれない。

     ポドルスキが神戸入りなら、13年オフのウルグアイ代表FWフォルランのC大阪入り以来となる大物のJクラブ入団。Jリーグが英パフォーム・グループと来年から10年間で放映権料約2100億円の大型契約を結んだため、各クラブへの配分金も増額され、今後は大物獲りが活発化しそうだ。先陣を切った神戸が来季、クラブ悲願の初タイトルをたぐり寄せる。

     ◆ルーカス・ポドルスキ 1985年6月4日、ポーランド生まれ。31歳。移住先のドイツで国籍取得。同国1部1FCケルンの下部組織に所属した03年11月プロデビューし、同年リーグ10得点。06年、同バイエルン移籍。09年、ケルン復帰。12年、イングランド・プレミアリーグのアーセナル移籍。15年1月、イタリア1部インテルへ期限付き移籍。15年7月、ガラタサライへ完全移籍。ドイツ代表通算129試合48得点。W杯3度出場。今年8月代表引退。利き足は左。180センチ、81キロ。

     ◆W杯優勝メンバーの主なJリーガー

     90年イタリア大会を制したドイツからDFブッフバルト(94~97年浦和)、FWリトバルスキー(93、94年市原=現千葉)。94年米国大会Vのブラジルでは主将MFドゥンガ(95~98年磐田)、MFジョルジーニョ(95~98年鹿島)、同レオナルド(94~96年鹿島)、FWベベット(00年鹿島)、MFジーニョ(95~97年横浜F=現横浜M)。02年日韓大会のブラジルからはFWエジウソンが96、97年にプレーした柏に復帰した。

    スポーツ報知 12/13(火) 4:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000318-sph-socc

    【<ヴィッセル神戸>元ドイツ代表FWポドルスキ獲り、年内交渉開始も】の続きを読む

    sponichin_20161214_0079_0-enlarge
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/14(水) 08:32:50.15 ID:CAP_USER9
    10年ぶりのJ1復帰を目指す東京Vが、J2C大阪からJ3長野に期限付き移籍中の元日本代表MF橋本英郎(37)を獲得することが13日、明らかになった。

    6月にG大阪から東京Vへ期限付き移籍で加入した元日本代表MF二川孝広(36)とはG大阪時代のチームメートで気心が知れており、
    かつてG大阪で監督を務めた竹本一彦ゼネラルマネジャー(GM、61)の人脈をフルに生かした補強となった。

    橋本は2010年まで日本代表に選出され、国際Aマッチ15試合に出場した百戦錬磨のベテランボランチ。
    7月から期限付き移籍したJ3長野では加入後のリーグ戦全13試合にフル出場しており、健在ぶりを見せた。
    二川とともに昨年から竹本GMが獲得リストの上位に挙げており、同GMにとっては念願かなっての獲得となる。

    また、二川、橋本と同じG大阪ユース出身で、現在もG大阪でプレーするMF内田達也(24)にも獲得オファーを出している。

    ボランチとセンターバックでプレーできる内田はかつて“宮本恒靖二世”と呼ばれた逸材で、
    FW宇佐美貴史(24=アウクスブルク)らとともに09年U―17ワールドカップ(W杯)ナイジェリア大会に出場した“プラチナ世代”の一人。

    加入となれば手薄なボランチとセンターバックを埋める貴重な戦力となりそうだ。

    東京Vでは浦和から元日本代表DF永田充(33)が完全移籍で加入することが決定的となっており、
    当初は完全移籍に移行する方向で話を進めていた二川については、G大阪側の希望でG大阪と契約を延長した上で東京Vへのレンタル延長となる見込み。

    東京VからJ2町田へ期限付き移籍中のDF畠中槙之輔(21)は来季チームに復帰するが、MF南秀仁(23)はJ2山形への移籍が濃厚、
    J2千葉へ期限付き移籍中のFW菅嶋弘希(21)は千葉へのレンタル期間延長となる見通しとなっている。

    一方で、J2C大阪からGK武田博行(33)が加入することが決定的で、J2町田のGK内藤圭佑(29)獲得にも動いている。
    10年ぶりJ1復帰、そして名門復活へ。徐々に来季陣容が固まって来た。

    スポニチアネックス / 2016年12月14日 8時3分
    http://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20161214_0079/


    【<東京ヴェルディ>元日本代表MF橋本英郎獲得へ 二川と“元G大阪コンビ”でJ1昇格だ!】の続きを読む

    a
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/14(水) 08:53:11.52 ID:CAP_USER9
    J2に降格した名古屋グランパスのFW松田力(25)がJ2福岡へ、
    FW小屋松知哉(21)がJ2京都へ完全移籍することが13日、決定的になった。

    両選手とも契約は今季までで、グランパス側から契約延長オファーを受けていたが、移籍を決断。
    複数クラブと競合しながら獲得した両選手が、入団からわずか3年で流出する事態となった。

    才能ある若手2人が、早くもグランパスを去ることとなった。
    松田はこの日に愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで自主トレ。
    クラブハウスを出る際には、引っ越し用の段ボールを大量に抱えていた。

    松田は「いや、名古屋市内に引っ越すんですよ」ととぼけたが、関係者によると福岡への移籍で合意。
    J1に昇格するC大阪やJ2千葉も興味を示していたが、攻撃陣の補強を進めている福岡を新天地に選んだ。

    松田はびわこ成蹊スポーツ大時代に大分の特別指定選手としてリーグデビューを果たし、
    卒業後の2014年に入団。昨季途中にJ2千葉へ期限付き移籍した。

    グランパスに復帰した今季はケガの影響もあって14試合の出場にとどまったが、
    その高い得点力は貴重だった。

    2日の自主トレ後に「残ってほしいという熱意が感じられない」とフロントへの不満を口にし、
    移籍を視野に入れていた。

    2016年12月14日 紙面から
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201612/CK2016121402000105.html


    【名古屋、競合の末に獲得もわずか3年で・・・FW松田力が福岡へ FW小屋松知哉が京都へ完全移籍】の続きを読む

    GettyImages-614788800-800x600
    1: 名無しさん@恐縮です 2016/12/12(月) 17:36:26.10 ID:CAP_USER9
    ニースのFWマリオ・バロテッリについて、ジャン=ピエール・リヴェール会長が「残留する可能性は非常に低い」と、フランスメディア『Telefoot』のインタビューで明かした。

    バロテッリは行く先々で問題行動を起こすなど、精神面の弱さから期待された活躍を見せることができないことが多かった。今シーズン、新たに加入したニースでも活躍を疑問視する声が大きかったものの、これまで7ゴールを挙げ、チームをけん引した。

    ニースで素晴らしいパフォーマンスを見せているにも関わらず、今シーズンでバロテッリが退団となる可能性は高いと見られている。リヴェール会長がバロテッリの去就について語った。

    「バロテッリが残留する可能性?おそらくかなり低いだろう。来夏、バロテッリの穴をどう埋めるかについて考えている」

    来シーズンからプレミアリーグへ復帰する可能性も噂されているが、バロテッリ本人はイギリス紙『Mirror』のインタビューでリヴァプールでの苦い思い出を語っている。

    「リヴァプールではつらかった。良いチームだし、サポーターも素晴らしいけど、俺はリヴァプールには戻りたくない。イギリスで一番行きたいチームはマンチェスター・シティ、その次はアーセナルだ。ただ好きなチームなだけで、行くわけじゃないけど」

    来シーズンに向けて、バロテッリの去就は注目されるところだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161212-00000016-goal-socc

    【バロテッリ、今季限りでニース退団か…会長が「来夏の穴埋めを考えている」と告白】の続きを読む

    ダウンロード
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 07:39:12.86 ID:CAP_USER9
    J2降格が決まった名古屋グランパスは今オフ、大幅な選手の入れ替えを敢行している。

    1999年にJ2ができて以来、1年でのJ1復帰を果たすチームは選手の入れ替えはせずに
    J2を戦い抜くクラブが多く、グランパスの方針は珍しいケースだ。

    前例に対する挑戦だ。1999年にJ2が組織されて以来、45の降格例のうち1年でのJ1復帰を果たしたのは16例。
    ほとんどのクラブは主力選手を引き留め、大幅に選手の入れ替えを行わずに昇格を果たしてきた。

    今年1年でのJ1復帰を果たした清水は流出する選手を9人に留め、戦力を大幅に落とすことなくJ2を戦った。
    特に主力の大前や鄭大世は2人合わせて今季44得点を挙げ昇格に大きく貢献した。

    2013年に昇格を果たしたG大阪も10人のみの入れ替え。
    遠藤や今野らを主力を引き留め見事J2優勝。翌14年には3冠を達成している。

    降格から1カ月余りで闘莉王、川又ら13選手がチームを去った。

    さらにFC東京加入が確実視される永井はじめ、松田や小屋松ら移籍を視野に入れる選手もおり、
    多ければ、入れ替えが20人を超える。過去に1年でJ1昇格したチームで、もっとも選手を入れ替えたのは12年甲府の16人だ。

    中日スポーツ 2016年12月13日
    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201612/CK2016121302000104.html

    【名古屋】新潟主将のMF小林獲得へ…ワシントンとコンビ想定

    来季J2に降格が決まっている名古屋が12日、J1新潟のMF小林裕紀(28)獲得へ向け、
    正式オファーを送ったことが分かった。Jリーグ関係者が明かした。

    小林は今季はボランチでJ1・29試合に出場。チーム主将でJ1残留に貢献した。名古屋は1年での復帰へ向け、着々と補強中。
    ボランチはブラジル人MFワシントンの獲得が決定し、その相棒として、小林をリストアップし、正式オファーを出した。
    昨オフにはJ1仙台からの獲得オファーを蹴って残留。今オフはどういう決断を下すだろうか。

    スポーツ報知 12/13(火) 6:06配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00000003-sph-socc

    【【名古屋】新潟主将のMF小林裕紀獲得へ正式オファー 今オフ、大幅な選手の入れ替え20人超を敢行!】の続きを読む

    emblem
    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 05:15:45.84 ID:CAP_USER9
     G大阪が来季の新エース候補として、Kリーグ城南の韓国代表FW黄義助(ファン・ウィジョ、24)を獲得することが12日、濃厚になった。

     関係者によれば交渉は大詰めで、近日中に正式決定する見通しだ。クラブ幹部は「調査はしている」と明言。

    継続して獲得リストの上位に挙げていたが、最終的に韓国の点取り屋に一本化した。J2千葉の井出遥也(22)の獲得に乗り出していることも判明した。

    日刊スポーツ 12/13(火) 5:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-01751076-nksports-socc

    【<ガンバ大阪>新エース候補、韓国代表FWファン・ウィジョを獲得することが濃厚!】の続きを読む

    20161210-00000067-dal-000-1-view
    1: 名無しさん@恐縮です 2016/12/11(日) 11:17:48.11 ID:CAP_USER9
    伊情報サイトのインテルニュースは独自報道として、
    DF長友佑都(30)が1月にもインテルミラノを出て行く可能性があると報じた。

    インテルが欧州リーグで敗退したことにより、必要な戦力が減り、
    冬の移籍期間に長友が放出されるのではないかと伝えた。

    長友は今季公式戦21試合中、9試合の出場にとどまる。

    チームになじんでいることは認められつつも、
    同じポジションの選手が加入すれば、長友が移籍せざるを得ないと予想し、
    同サイトは「行き先はスペインまたはドイツ」とも伝えた。

    日刊スポーツ 12/11(日) 10:07配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161211-01750293-nksports-socc

    【<インテルDF長友佑都>1月移籍報道!「スペインかドイツ」】の続きを読む

    sp-su-161101willson-ogp_0
    1: 名無しさん@恐縮です 2016/12/11(日) 07:14:19.82 ID:CAP_USER9
    J1甲府が、今季限りで仙台を退団するブラジル人FWウイルソン(31)を獲得することが濃厚になったことが10日、分かった。クラブ幹部が仮契約したと明言した。来季、ブラジル人FWドゥドゥ(26)とのダブルエースとして期待されている。

     ウイルソンは、最近3年こそ負傷に泣き不本意なシーズンを送ったが、中国のクラブから仙台入りした2012年に13得点し、仙台を2位に押し上げる原動力になった。5年間でJ1通算128試合40得点を記録しており、実績は抜群。プレーだけでなく、人柄も愛された優良助っ人だ。

     甲府の外国人は、今季途中で加入したブラジル人FWドゥドゥの来季残留が確実になっている。ブラジル人FWダヴィ、同MFマルキーニョスパラナ、オーストラリア人MFセレスキーは契約満了での退団が決定。計算できるストライカーとしてウイルソン獲得に動いた。

     関係者によると、来季甲府の指揮を執る吉田達磨新監督(42)は先月、外国人補強のために視察していたブラジルでウイルソンと面談し、来季への熱い思いを伝えたという。ウイルソンは来季もJリーグでのプレー継続を望んでおり、ほかのJクラブも興味を示していたが、甲府入りが確実な状況になったようだ。

    スポーツ報知 12/11(日) 5:03配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00000198-sph-socc

    【<ヴァンフォーレ甲府>仙台退団のウイルソン獲得濃厚!幹部が仮契約明言。来季FWドゥドゥとのダブルエースとして期待】の続きを読む

    14381c26
    1: 名無しさん@恐縮です 2016/12/10(土) 20:15:22.92 ID:CAP_USER9
    リバプールとトットナムが、来年1月に再開する移籍市場で、レーバークーゼンに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(28)の獲得を目指している。9日付の英紙ミラー電子版が報じた。

     リバプールのクロップ監督とトットナムのポチェティーノ監督は準備を進めているという。両クラブともストライカーを探している。

     また、スペインのバレンシアも同選手に興味を持っているようだ。バレンシアは、違約金と同額の3350万ポンド(約49億8000万円)のオファーを出す準備があるといい、プレミアリーグの両クラブを悩ませている状況だという。

     トットナムは、イングランド代表FWケーンをけがで欠いている際のゴール不足が深刻な問題となっていた。

     また、リバプールはイングランド代表FWスタリッジが監督の起用を不満に思っていることを理由に、1月に移籍すると同紙が報じている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-01750136-nksports-socc

    【【サッカー】エルナンデスにリバプールやトットナム興味と英紙】の続きを読む

    このページのトップヘ