サッカー総合

スポーツ芸能

2ちゃんねる総合

動画・エロネタ

    カテゴリ: ニュース



    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/11/03(木) 20:52:49.24 ID:CAP_USER9
    鹿児島県内113蔵元の焼酎が一挙に集まった日本最大級の焼酎イベント「焼酎ストリート」が開催。11月2日のトークイベントに元サッカー日本代表の中田英寿さんと同じく元サッカー日本代表で鹿児島県出身の前園真聖さんがゲストとして登場した。

    【写真を見る】「前園さんにお酒を教えてもらって以来、すっかりお酒の魅力にはまってしまった」という中田英寿さん

    トークイベントには、2人に加えて、蔵元を代表して小牧醸造の小牧尚徳さんが参加し、焼酎の魅力について語り合った。

    中田さんの乾杯の音頭で会場の人々が一斉に乾杯をし、トークがスタート。現役引退後、全国250以上の酒蔵にを運び、日本酒や焼酎など、日本のお酒の魅力を発信し続ける中田さんは「鹿児島では焼酎は文化だと聞いています。しかし、全国や世界に発信していくためには、もっと焼酎のことを伝えていかないといけないと思います。食事には何が合うのか? グラスはどんなもの良いか、などです。焼酎に合う食文化を鹿児島から発信していくのが良いと思います」と自身の経験から鹿児島焼酎を全国に広めるアドバイスを送った。

    一方の前園さんは「引退して鹿児島には来る機会が多くなりました。そして来るたびに鹿児

    島がどんどん好きになっています。鹿児島の素晴らしい文化をもっと多くの人に知ってもらいたいですね。焼酎がそのようなきっかけになれば嬉しいです」と笑顔で語った。

    20年来の友人関係にある中田さんと前園さん。初めて前園さんにお酒を教えてもらって以来、すっかりお酒の魅力にはまってしまったという中田さんに対し、前園さんは「僕は未だ飲めません!」と返し、会場の笑いを誘うと、会場からは前園さんの禁酒解禁を求める声が上がるなど、大きな盛り上がりをみせた。

    小牧醸造の小牧さんが「これだけ大勢の人が来てくれて、作り手冥利に尽きます。昨年の焼酎の出荷量は宮崎に追い抜かれましたが、鹿児島焼酎をもう一度全国に知らしめたい」と決意を表明すると、中田さんと前園さんは「来年の焼酎ストリートにも2人そろって帰ってきます」と宣言。来年も鹿児島に帰ってくることを誓い、会場を後にした。

    「焼酎ストリート」は11月1日から3日まで、鹿児島県鹿児島市天文館で開催された。【ウォーカープラス編集部/浅野祐介】

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161103-00000054-tkwalk-life

    【中田英寿「お酒を教えてくれたのは前園さん」、焼酎イベントに2人で参加】の続きを読む

    ニュース
    1: 名無しさん@恐縮です 2016/11/03(木) 18:16:52.89 ID:CAP_USER9
    J1第2ステージ第17節が3日に行われた。この結果をもって、浦和レッズの年間1位(J1第2ステージ優勝)、川崎フロンターレの年間2位、鹿島アントラーズの年間3位(J1第1ステージ優勝)が確定した。

     Jリーグチャンピオンシップ(CS)出場が3チームとなるため、1回戦は行わずに準決勝からの開催となる。準決勝は23日に行われ、等々力陸上競技場で川崎Fと鹿島が対戦。年間1位となった浦和は決勝からの出場となり、29日および12月3日に準決勝の勝者と対戦する。

    以下、CS日程と本日の試合結果

    ■日程
    【準決勝】
    11月23日(水)
    川崎F 14:00 鹿島 [等々力]

    【決勝】
    [第1戦]
    11月29日(火)
    (川崎Fvs鹿島)の勝者 19:25 浦和 [未定]

    [第2戦]
    12月3日(土)
    浦和 19:30 (川崎Fvs鹿島)の勝者 [埼玉]

    ■J1第2ステージ第17節の結果
    仙台 0-1 磐田 [ユアスタ]
    鹿島 0-1 神戸 [カシマ]
    浦和 1-1 横浜FM [埼玉]
    大宮 0-1 FC東京 [NACK]
    川崎F 2-3 G大阪 [等々力]
    甲府 0-1 鳥栖 [中銀スタ]
    新潟 0-1 広島 [デンカS]
    名古屋 1-3 湘南 [パロ瑞穂]
    福岡 0-4 柏 [レベスタ]

    ■J1年間順位表
    1.浦和(74)+33
    2.川崎F(72)+29
    3.鹿島(59)+19
    4.G大阪(58)+11
    5.大宮(56)+5
    6.広島(55)+18
    7.神戸(55)+13
    8.柏(54)+8
    9.FC東京(52)0
    10.横浜FM(51)+15
    11.鳥栖(46)-1
    12.仙台(43)-9
    13.磐田(36)-13
    14.甲府(31)-26
    15.新潟(30)-16
    16.名古屋(30)-20
    17.湘南(27)-26
    18.福岡(19)-40

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-01632897-gekisaka-socc

    【JリーグCS組み合わせ決定…年間1位の浦和が決勝進出、準決勝は川崎Fと鹿島が対戦】の続きを読む

    facebook_share_thumb_default_hulu

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 22:26:45.70 ID:CAP_USER9
    12月8日から横浜と大阪で開催されるサッカーのクラブチーム世界一決定戦
    『Alibaba E-Auto プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ2016』の全試合の国際映像が、
    定額制配信サービス「Hulu」でリアルタイム配信されることになった。

    同大会の模様は、日本テレビ系およびBS日テレで全試合生中継されるが、Huluでは、実況や解説の入っていない「国際映像」を配信。
    スタジアムの現場音声をそのまま聞くことができるため、まるで会場にいるかのような臨場感を味わえる。

    各大陸王者が集う同大会に今年は、ヨーロッパからクリスティアーノ・ロナウドを擁するスーパースター軍団レアル・マドリード(スペイン)、
    南米王者のアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)、北中米カリブ王者のクラブアメリカ(メキシコ)、オセアニア王者のオークランドシティ(ニュージーランド)、
    アフリカ王者のマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)、そして開催国としてJリーグチャンピオン(12月3日決定)が集結。世界最高峰の戦いを繰り広げる。決勝は12月18日。

    国際映像は、日本テレビがホスト局として制作し、世界約190の国と地域に配信される。

    オリコン 11/1(火) 22:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161101-00000374-oric-ent

    【【FIFAクラブワールドカップ】国際映像をHuluでリアルタイム配信!日本テレビが制作し、世界約190の国と地域に配信】の続きを読む

    20150510_Griezmann_getty-560x373 
    スペインプロサッカー機構は、昨季のスペインリーグ年間アワードを開催し、最優秀選手にAマドリードのフランス代表FWアントワヌ・グリーズマン(25)が選ばれた。
     Aマドリードからはシメオネ監督が最優秀監督。最優秀GKにオブラク。同DFにゴディンと4人が選出された。同FWはメッシ(バルセロナ)。同MFはモドリッチ(Rマドリード)となった。

    記事元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161026-01729388-nksports-socc 
    【《ニュース》Aマドリード グリーズマンがMVP、スペインリーグ年間表彰】の続きを読む

    ニュース

    Ghanasoccernet』は「フリーエージェントになっている元ガーナ代表MFサリー・ムンタリは、ACミラン復帰に向けて動いている」と報じた。

    先週土曜日に行われたセリエAにおいて、ACミランはユヴェントスを相手に1-0と勝利を収めた。

    それが行われていた本拠地サン・シーロには、あのサリー・ムンタリが訪れていたのである。

    そして、アドリアーノ・ガッリアーニ副会長兼CEOとの会話の後、ドレッシングルームに向かい、喜びに湧く選手たちと合流していたとのことだ。

    アル・イティハド(サウジアラビア)に移籍する前、ミランで3年半を過ごしてきたムンタリ。プレミアリーグ移籍の噂もあったものの実現せず、フリーの状態にある。

    記事によれば、今彼はACミランに復帰することを狙ってロビー活動を続けており、ガッリアーニ氏も対話したことを認めている。

    その内容についてはコメントが避けられているものの、現在32歳のムンタリが今でもミランと大きな関係を保っていることは間違いないようだ。

    もし彼がミランに戻ってくるようなことがあれば、世界のムンタリスタたちは諸手を挙げて歓迎するだろう。

    引用先 http://news.livedoor.com/article/detail/12194155/

    51
     ドイツの女性審判ビビアナ・シュタインハウスさんが、イギリス出身の元審判ハワード・ウェブ氏と交際中であることがイギリス紙『サン』の報道で発覚した。
     イギリス紙『サン』の報道を受けてドイツ紙『ビルト』はシュタインハウスさんを直撃。取材に対し、「付き合っているわよ。でもこのことについてこれ以上は言いたくないの」と話すにとどめたが、二人の交際は審判員向けの講習会で一緒になったことがきっかけでスタートしたと報じられている。現在はドイツのハノーファー市内で同棲していて、今年9月にはドイツブンデスリーガ2部のハノーファー対シュトゥットガルト戦を一緒にスタンドで観戦する姿も目撃されている。
     現在37歳のシュタインハウスさんは、2007年にドイツブンデスリーガ2部パーダーボルン対ホッフェンハイムの試合で主審を務め、ドイツ国内で男子プロリーグを裁いた初の女性審判となった。その後、なでしこジャパンが優勝を果たした2011年の女子ワールドカップ決勝や、翌2012年に行われたロンドン・オリンピックの女子サッカー決勝でも主審を務めるなど、ジャッジの精度は世界的に高い評価を受けている。また、その端正な顔立ちから「美しすぎる女性審判」として話題になることも多い。
     一方、45歳のウェブ氏も2010年に行われたチャンピオンズリーグとワールドカップ南アフリカ大会でどちらも決勝の主審を務めるなど世界トップレベルの審判として活躍したが、2014年に審判活動からの引退を表明した。

    記事元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161025-00507417-soccerk-socc 
    【《ニュース》ドイツの「美しすぎる女性審判」に熱愛発覚 お相手はあの名審判】の続きを読む

    ニュース

    フィンランド1部のHJKヘルシンキに所属するMF田中亜土夢が、2年連続でフィンランドリーグのベストイレブンに選出された。リーグ公式サイトが発表している。

     アルビレックス新潟で10年間過ごした田中は、クラブと契約を更新せず昨年2月にフィンランドの強豪ヘルシンキに加入。そして“10番”を託されると、そのシーズンにリーグ戦33試合中31試合に出場して8得点9アシストを決める活躍をしてみせ、毎年記者によって選ばれるベストイレブンに選出された。

     そして、現地時間23日に2015/2016シーズンが終了。田中は今年の7月末に腓骨骨折の手術を受けたため18試合出場にとどまったが、5得点7アシストを記録し、2年連続ベストイレブンという評価を得た。

     田中は、「今シーズン終了! 逆転優勝ならず。結果は準優勝!」とツイッターでヘルシンキが2位で終えたことを伝えると、来年のヨーロッパリーグ予備予選の出場権を獲得したことを報告。

     そして、「二年連続ベストイレブン」に選出されたことを喜ぶと、「今シーズンも応援ありがとうございました。しっかり怪我を治してまた頑張ります」と腓骨骨折から約2ヶ月半が経ち、先週から現在ジョギングを始めたところであることも報告している。


    引用先 http://www.footballchannel.jp/2016/10/24/post181446/ 

    【《ニュース》元新潟の田中亜土夢、フィンランドリーグのベスト11に! 負傷に苦しむも2年連続の栄誉】の続きを読む

    ニュース
    世界各国から多くのスター選手や大物監督らを呼び寄せることで注目を集めてきたISLは、リーグ設立から3年目を迎えている。10月から12月の短期間で開幕されるリーグは、1日に今季の開幕戦の1試合が行われた。
     55分に今シーズンのISL最初のゴールを記録し、ノースイーストに勝利をもたらしたのは、今季から加入した日本人選手の遊佐だった。ISLでは、日本出身でインド代表入りを果たした和泉新が昨季からプレーしているが、日本国籍の選手としては遊佐が初の同リーグ所属選手である。
     現在28歳の遊佐は2007年にサンフレッチェ広島のユースからトップチームに昇格し、J1で1試合、ナビスコカップで2試合に出場。その後ツエーゲン金沢(当時北信越1部)への期限付き移籍を経て、FC岐阜セカンドへ完全移籍したあと、2010年にパラグアイに渡って海外での挑戦をスタートさせた。2011年からはインドでプレーし、ISLとは別組織の国内1部リーグであるIリーグで活躍。今季は初めてISLでプレーすることになった。
     ノースイーストでのデビュー戦で大きな仕事を成し遂げた遊佐は、試合後のインタビューで「僕にとっても、チームにとっても重要なゴール」とコメント。2万7000人以上の大観衆からの応援を「ファンタスティック」と表現し、「みんなスタジアムに来てくれて、叫び声を上げ、エンジョイしていました。彼らのサポートはチームにとってすごく大事なものです」と感謝を述べた。
     ノースイーストにはFWカレン・ロバートの加入も決定しているが、ビザ取得の手続きを終えていない同選手はまだインドに渡っておらず、開幕戦に出場はしなかった。ノースイーストの次の試合は現地時間4日、元日本代表監督ジーコ氏が率いるFCゴアとの対戦となる。

    引用先 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161002-00010018-footballc-socc 
    【《ニュース》スター揃いのインド・スーパーリーグ、開幕戦で日本人選手が決勝ゴール】の続きを読む

    ニュース
    ビジャ、得点王には一歩及ばず

    現地時間23日、MLS(メジャー・リーグ・サッカー)レギュラーシーズンの全日程が終了した。元スペイン代表FWダビド・ビジャ、元イタリア代表アンドレア・ピルロ、元イングランド代表フランク・ランパードなどのスター選手を擁するニューヨーク・シティFCは、本拠地ヤンキースタジアムでコロンバス・クルーに4-1で勝利し、イースタン・カンファレンス2位でプレイオフに進出する。


    MLS参入からわずか2シーズン目にして初めてのプレイオフ進出を決めたニューヨーク・シティFCは、カンファレンスセミファイナルから出場し、MLSの年度チャンピオンを決めるMLSカップ優勝を目指す。カンファレンスセミファイナルにはウエスタン・カンファレンス1位のFCダラス、2位のコロラド・ラピッズ、イースタン・カンファレンス1位のニューヨーク・レッドブルズが出場。ブラジル代表カカーの所属するオーランド・シティFCと工藤壮人のバンクーバー・ホワイトキャップスはプレイオフ進出を逃している。


    今季からニューヨーク・シティを率いるパトリック・ビエラは、試合後自身のTwitterで「このチームを非常に誇りに思います。我々がプレイオフに出場できることに興奮している。長いシーズンを支えてくれたファンに感謝しています。プレイオフでお会いしましょう!」と綴った。そして今季23ゴールを挙げたビジャは、レギュラーシーズン得点王まであと一歩に迫るも、24得点を挙げたニューヨーク・レッドブルズのブラッドリー・ライト=フィリップスに惜しくも及ばなかった。


    引用先 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161024-00010003-theworld-socc

    【《ニュース》メンツが凄すぎるニューヨーク・シティ、2位でシーズン終了 初のプレイオフでも大暴れ!?】の続きを読む

    ニュース

    オーストラリアのAリーグは24日、先週末に開催されたリーグ第3節のベストイレブンを公式サイトで発表した。ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ所属のMF楠神順平が、今季3試合で2度目となるベストイレブンに選ばれている。


     楠神は現地時間23日に行われたニューカッスル・ジェッツ戦で90分間プレーし、開幕から3試合連続のフル出場。チームは2-0から追いつかれて2-2のドローに終わったが、楠神のパフォーマンスは上々だったと評価された。


    「早くも今シーズン最高の買物の一つのように思える。彼のタッチやトリックはしばしばジェッツを混乱させた。得点を記録できなかったのは不運だった」と楠神に対しての寸評が記されている。


     過去に川崎フロンターレ、セレッソ大阪でプレーした楠神は、今年加入したサガン鳥栖で1試合の出場にとどまったあと、7月にウェスタン・シドニーへ移籍。29歳にして初の海外挑戦となったが、ここまでの活躍で急速に評価を高めている。


     Aリーグ開幕戦では、チームがシドニーFCとのダービーマッチに0-4で大敗したにもかかわらずベストイレブンに選出された。チームの初勝利に貢献した第2節もベストイレブンのベンチメンバー入り。毎試合のように好パフォーマンスを披露しており、地元メディアからはかつて同じクラブで活躍した“レジェンド“小野伸二のようになれるという期待の声も上がっている。

    引用先 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161024-00010019-footballc-socc

    【《ニュース》豪州で活躍する楠神順平、3試合で2度目のベストイレブン選出】の続きを読む

    ニュース
    200px-Vincenzo_montella_(1)

    日本代表MF本田圭佑が所属するミランは22日、セリエA第9節でユヴェントスと対戦し、1-0で勝利した。試合後、ヴィンチェンツィオ・モンテッラ監督が残したコメントを、イタリアメディア『スカイ』が伝えている。

     セリエAで2位に付けるなど好調を維持するミランは、22日に首位ユヴェントスと激突。前半にはイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチにネットを揺らされたが、その後オフサイドがあったとして判定が覆り、難を逃れた。押し込まれる展開が続いたが、後半にU-19イタリア代表MFマヌエル・ロカテッリが先制ゴールを挙げて1-0とすると、そのリードを守りきって勝ち点3を獲得。首位ユヴェントスに2ポイント差と詰め寄った。

     モンテッラ監督は「ユヴェントスと戦う時は、いつも苦しいものなんだ。選手の姿勢や度胸はよかったね」と、戦い抜いた選手たちを称賛。その上で「この精神を最後まで大切にしていきたい。我々の長所だからね。謙虚さを維持していかないといけない」と、今節の戦いから得たものが大きいと感じているようだった。

     取り消しになったユヴェントスのゴールシーンについては「何がどうなっているのか考えていたけど、よくわからなかった」と振り返った。また無失点に抑えきったディフェンス面に関して「たくさん努力していた。アタッカーがディフェンス陣を手助けしていて、チームがまとまっていたね」と高評価を与えている。

     ミランはこれでリーグ戦ここ6試合で5勝1分と絶好調。首位ユヴェントスとの勝ち点差は2に縮まり、優勝争いの一角に浮上してきた。しかし指揮官は「我々は地に足をつけていなければならない。ただ次のことを考えるようにするよ」と、落ち着いている。次戦は25日に第10節でジェノアと対戦する予定だ


    記事元 http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20161023/506671.html 

    ニュース

    日本代表DF昌子らが長期離脱から復帰したものの、08年から13戦負けなしだった東京に8年ぶり敗戦。DF山本が一矢報いるのが精いっぱいだった。引き分け以上で年間勝ち点3位を確定させることができたが、同4位大宮と勝ち点6差で残り2節。得失点差は16上回っており、事実上の3位にはなったが、チャンピオンシップへ不安を残した。腰痛から約1カ月ぶりに強行出場した昌子は「最低の出来。思ったより足が出ず50センチ、1メートルが遠いと思ったし、指示の声の質も上げていかないと」と来月を見据えた。

    記事元  http://www.nikkansports.com/soccer/news/1728092.html 

    このページのトップヘ